アンチエイジング

肌の老化とターンオーバーの劣化に影響する2つの要因

肌老化とターンオーバーに与える影響

肌の老化は男性女性、年齢を重ねますと誰にでもやってきます。

肌がカサカサ、スカスカとなり肌の乾燥などで潤いが不足し、ハリやツヤがなくなりがちになります。では肌の老化はなぜ起こるのでしょうか?まず身体の老化の原因となるものは、加齢や酸化、糖化・ストレス・過度な運動などです。

これらによって内臓や筋肉、骨などが老化するのです。

肌の老化ももちろんこれらと深く関わっています。そして肌の老化には特有の原因や要因もあります。

 

肌に影響を与える要因は「加齢」

肌老化の最大の原因は加齢です。誰にでも加齢は平等に重ねられ、加齢がなぜ肌の老化の原因になるかと言えば、肌の全ての機能や成分に影響が出てくるからです。

具体的にはホルモンの減少や血管・リンパ管の老化も加齢が原因です。またその要素にはターンオーバー・エストロゲンの量・肌の水分量・皮脂の量・セラミドの量・コラーゲンの量・ヒアルロン酸の量が挙げられます。これらが適正でないと肌の若さを保つことができません。これらのコントロールが、老化スピードを遅くし若さを保つことに繋がります。

 

紫外線も肌のターンオーバーに影響する

加えて紫外線によるダメージも見逃せません。紫外線が肌の老化を早めてしまうことは、今や常識と言っても過言ではありません。

紫外線を長時間浴びることで、肌の細胞の核や細胞膜を破壊し、肌が老化するほどのダメージを負います。よって紫外線を浴びる量をコントロールすることも、肌の老化スピードに深く関わってきます。ダメージをコントロールするには、肌に付けるものの紫外線対策が必要となってきますから、その対策を意識したコスメを選ぶようにしたいものです。